ガードレール用基礎ブロック

  • IGK ガードレール用基礎ブロック 茨城大学と共同研究
    IGK
    IGK
    【防護柵の設置基準・同解説 平成 28 年改訂版】【道路土工擁壁工指針 平成 24 年度版】に準拠させ、茨城大学と共同研究の上、プレキャスト製品として規格化した、ガードレール用基礎ブロックです。従来の現場打ち構造と比べて、型枠の設置・撤去やコンクリートの養生が不要になり、コスト削減と工期短縮が実現できます。継手構造により曲線(R)の施工が可能であり、最小半径R=10mまで対応可能です。

    製品サイズL=2000mm H=500mm B=底版長(Ⅰ:800mm Ⅱ:1000mm Ⅲ:1100mm)
    載荷重q=10kN/㎡
  • 自在R連続基礎 車両用防護柵基礎 NETIS:CB-200001-A
    自在R
    自在R
    自転車のチェーンをイメージした、カーブに自在に対応できるプレキャスト連続基礎です。連続構造物とする事で衝突時の安定が確保されます。現場打ち連続基礎と比べると、型枠の設置やコンクリート養生に要する時間を短縮でき、さらに強度の発生による共用開始までの期間が約1/3の施工期間で行うことができます。

道路横断用グレーチング付側溝

  • TFC-UFG 道路横断用側溝(ボルト固定式) ノンスリップ仕様で安全
    TFC-UFG
    TFC-UFG
    破損防止のため製品天端を鋼板で被覆した横断用側溝です。水路サイズが豊富で広い範囲の断面を選定して頂けます。側溝本体及びグレーチングはT-25仕様です。グレーチングは、ボルト4点固定でガタつきにくく、グレーチング及びアングルはノンスリップ仕様です。

    製品サイズ内幅300×内高345mm ~ 内幅1000×内高1200mm
    載荷重T-25片側後輪

    [側溝本体]
    ■TFC-UFG
    ■専用グレーチング(並目・細目)

  • WGB-F 道路横断用側溝(ボルト固定式) ノンスリップ仕様で安全
    WGB-F
    WGB-F
    破損防止のため製品天端を鋼板で被覆した横断用側溝です。製品間の接続はボルト接続のため不同沈下の防止効果がありあます。側溝本体及びグレーチングはT-25仕様です。

    製品サイズ内幅240×内高290mm ~ 内幅600×内高640mm
    載荷重T-25片側後輪

    [側溝本体]
    ■WGB-F
    ■専用グレーチング(並目・細目)

  • LSC側溝 縦断勾配付き横断側溝 段差解消で安全
    LSC側溝
    LSC側溝
    道路の縦断勾配に合わせて、側溝の天端に勾配を付けることが可能な横断側溝です。従来型と比べて段差が解消されるため、車両走行時の安全性が向上します。道路縦断の勾配に0~18%(2%刻み)まで対応します。側溝天端の表面には鋼板(アングル)で覆っているため、車両走行による角欠けを防ぎます。グレーチング及び鋼板(アングル)はノンスリップ仕様です。

    製品サイズ内幅300×内高300mm ~ 内幅500×内高500mm
    活荷重T-25横断荷重

    [側溝本体]
    ■LSC側溝
    ■専用グレーチング(並目・細目)

道路用落蓋側溝

  • NWL 落蓋型道路用側溝 JIS道路用鉄筋コンクリート側溝 準拠
    NWL
    NWL
    道路用落蓋側溝です。JIS道路用鉄筋コンクリート側溝に準拠したT-25(T-14)縦断仕様となります。底面設置面積が広く、載荷重を基礎部に広く分散することができ、基礎厚を薄くできます。

    製品サイズ内幅360×内高360mm ~ 内幅1000×内高1000mm
    載荷重T-25縦断荷重

    [側溝本体]
    ■NWL
    ■専用蓋
    ■専用グレーチング(並目・細目)

施工実績