ボックスカルバート

  • NFK 小径道路横断用ボックスカルバート 小型断面
    NFK
    NFK
    小型断面の道路横断用ボックスカルバートです。施工が容易な止水パッキンにより、漏水防止効果が図れます。

    製品サイズ内幅300×内高300mm ~ 内幅1000×内高1000mm
    活荷重T-25横断荷重
    土被り厚さ~4m(詳細についてはご相談下さい。)
  • SCV RCボックスカルバート(Ⅰ型・Ⅱ型) 「全国ボックスカルバート協会」規格準拠製品
    SCV
    SCV
    Ⅰ型は「全国ボックスカルバート協会」規格準拠製品です。施工が容易な止水パッキンにより、漏水防止効果が図れます。

    製品サイズ内幅600×内高600mm ~ 内幅3500(Ⅱ型は2500)×内高2500mm
    活荷重T-25横断荷重
    土被り厚さ0.5~3m
    ■SCVⅠ型(JIS A5372 Ⅰ類 認証品)
    ■SCVⅡ型(軽量化タイプ)※Ⅰ型のコンクリート強度を上げ、部材寸法を薄くして軽量化を図った製品です。
  • 下水道用 RCボックスカルバート 日本下水道協会規格(JSWAS A-12)
    下水用
    下水用
    日本下水道協会の認定を受けた工場で生産するため、高品質の製品をご利用頂けます。現場打ち工法と比較して、施工が容易なため、工期の短縮が図れます。製品の継ぎ手方法は、PC鋼棒による連結、TB工法による接合等、現場状況に応じた接合方法を選択できます。

    製品サイズ内幅600×内高600mm ~ 内幅3500×内高2500mm
    活荷重T-25横断荷重
    土被り厚さ0.2~3m
  • UCV 2分割型ボックスカルバート KTジョイント工法
    UCV
    UCV
    KTジョイント工法により製品を分割型とすることで多様な断面を容易に供給可能となります。分割部材は工場にて組付けを行うため、現場への搬入は一体型としてお届けできます。(一部サイズは現場組付けとなります。)現場条件等により一体型としての搬入が困難な場合は、分割での搬入が可能です。

    製品サイズ内幅600×内高600mm ~ 内幅2500×内高2500mm(100mmピッチ)
    活荷重T-25横断荷重
    土被り厚さ0.5~3m
  • KCV 2・4分割大型ボックスカルバート 分割、大型製品
    KCV
    KCV
    KTジョイント工法により製品を2分割または4分割とすることで大型で多様な断面を容易に供給可能となります。分割部材は現場にて組付けを行うため、大型製品でありながら、狭い場所への搬入や重機の小型化が可能です。現場での組付けはKTジョイントの採用により施工が容易で熟練工が不要です。

    製品サイズ内幅3000×内高1500mm ~ 内幅9500×内高5000mm(100mmピッチ)
    活荷重T-25横断荷重
    土被り厚さ~1m
  • TCV 3分割大型ボックスカルバート 底版現場打ち併用
    TCV
    TCV
    プレキャストRC部材と現場打ちコンクリートによる底版形成によって高い施工性と経済性を兼ね備えた3分割式大型ボックスカルバートです。部材ジョイント部はKTジョイントにより施工が容易です。

    製品サイズ内幅3000×内高1500mm ~ 内幅9000×内高5000mm(100mmピッチ)
    活荷重T-25横断荷重
    土被り厚さ~1m
  • フリースパンカルバート 3分割カルバート 門形
    フリースパン
    フリースパン
    底版の張り出しにより荷重を受け持ち、従来からのストラットを不要としました。接合材料にKTジョイントを使用した、プレキャスト構造の3分割型カルバートです。型枠の設置・撤去や水路の一時付替えがなくなる事で、工期短縮や省人化と施工性の向上が図れます。

    製品サイズ内幅3000×内高2100mm ~ 内幅8000×内高4000mm(100mmピッチ)
    活荷重T-25横断荷重
    土被り厚さ~0.5m
  • 斜角門形カルバート NETIS:CB-050060-V
    斜角門形
    斜角門形
    門形・斜角門形は「かぶせる」だけの施工となる為、カルバート工法としては異例の施工スピードです。交差角を90°~60°まで自由に設定できる為、道路線形計画の自由度が高まります。内幅3m~10m、内高最大2m、現地の計画に合わせたオーダー製品です。

    製品サイズ内幅3m~10m 内高最大2m(10cmピッチ)
    活荷重T-25横断荷重

特殊工法

  • KTジョイント工法  熟練作業が不要
    KTジョイント
    KTジョイント
    分割パネル化した、RC部材同士をカプラータイプのKTジョイントを用いて構築する、経済性、施工性、多様性に優れた画期的な組立工法です。
  • 耐震性接着継手工法 TB(タッチボンド)工法 全線に耐震性
    タッチボンド
    タッチボンド
    耐震性接着継手(TB 工法)は、ワンタッチジョイント(ジョイントバーとソケット)により瞬時にボックスカルバートなどのコンクリート製品を接続し、伸び能力に優れた高弾性接着剤によって接着接合することで、連続性、水密性に優れ、さらにレベル2 地震動による地盤の変位にも追随できる耐震性を有する水路、通路を構築できる耐震継手工法です。
施工実績